ノーファンデメイクにおすすめのスキンケアアイテム・コスメ紹介!

tremaestroによるPixabayからの画像Beauty



近年じわじわと増え続けているノーファンデメイク女子。

「ノーファンデと言いつつメイクしてる?」

という方もいますが、ノーファンデメイクは文字通りファンデーションを使わないメイクのこと。

なぜ続々とノーファンデメイクをする人が増えているのか。

実際に1年以上ノーファンデにして分かったメリットと、おすすめのスキンケアアイテム・コスメをご紹介します!

出典:https://tinyurl.com/y363gjfa

ノーファンデメイクって何?メリットは?

ノーファンデメイクはファンデーションを使わないメイク方法です。

メイクの流れは

  1. 化粧下地またはUVカットクリームを塗る
  2. 必要な場合はコンシーラーを使う
  3. フェイスパウダーで仕上げ

普段のメイクなら2のコンシーラーの後にファンデーションを使いますが、ノーファンデメイクでは使わずにそのままアイメイクなどのポイントメイクをしていきます。

その普段しているファンデーションをやめるだけで、メリットが沢山あります!

  • すっぴんより綺麗なのにすっぴん見えする!
  • 素肌っぽく見えるので抜け感が出る!
  • メイク時間が大幅短縮!
  • ヨレても汚い崩れ方をしない!
  • 肌にかける負担が減るので肌がキレイになる!

などのメリットがありました。

すっぴんより綺麗なのにすっぴん見えする!」もちろんこれは普段メイクをしている方には、化粧をしていると分かります。

ですが、肌綺麗だね!透明感あるね!と言ってもらえるくらいには素肌見えするのでナチュラルメイクとしては効果抜群!

もちろん時にはしっかりメイクをしますが、普段ノーファンデでいることで化粧乗りも良くなり一石二鳥です!

さらに「メイク時間が大幅短縮」。

朝の出かける準備が楽になり、化粧崩れもファンデーションを付けている時より気にならないのでメイク直しも楽になります。

出典:https://tinyurl.com/y45hc5tw

ノーファンデメイクの具体的なやり方

ここまでノーファンデメイクのメリットをご紹介しました。

次は実際にノーファンデをしてみたくなった方へ、どの様にノーファンデメイクをしたら良いのか。

崩れにくく、メイク直しに時間をとられないノーファンデメイクの手順をご紹介します!

使うアイテム

  • 普段お使いのスキンケアアイテム(化粧水・乳液など)
  • 化粧下地or日焼け止め
  • フェイスパウダー

普段お使いのスキンアイテムは、後に化粧下地・美容クリームなどを使うので、化粧水と乳液だけで充分です。

化粧下地or日焼け止めを選ぶ際のポイント↓

前に使う化粧水と相性の良いもの(相性が悪いものは化粧崩れの原因になります)

美容成分の多いもの・または美容クリーム(皮脂崩れしにくいものをおすすめします)

フェイスパウダーを選ぶポイント↓

肌にかかる負担が少ないもの・皮脂崩れしにくいもの・粒子の細かいもの(毛穴を目立たなくするため)

ノーファンデメイクの流れ

続いてノーファンデメイクの具体的な流れについてです。

1.スキンケア

普通のメイクと同じくスキンケアから始めます。

先ほど説明したように、この後使う下地と相性が良い化粧水をおすすめします。

肌の乾燥は皮脂の分泌を過剰にし、皮脂崩れの原因になるので、しっかりと保湿しましょう

2.下地を塗る

美容クリームや肌に優しい下地、または日焼け止めを塗ります。

ノーファンデ初心者で不安!という方は色付きの下地から試しましょう!

まず顔全体に膜を張るように伸ばしていきます。

次に乾燥しやすい部分、日に当たりやすい部分、マスクをする場合はマスクが当たる部分に重ね塗りしましょう!

重ね塗りをしますが、厚塗りにならない様に注意してください。(塗っている段階でヨレを感じる、ぬるっとする場合は塗りすぎです)

3.赤みやクマなど隠したい場合はコンシーラーを使う

肌荒れなどを隠したい場合は部分的にコンシーラーを使いましょう。

コンシーラーはついつい塗りすぎてしまいがちなので、どうしても隠したい所だけに塗り、ほんのりとした赤みなどは思い切ってそのままにしちゃいましょう!

せっかくノーファンデなので素肌感を楽しんで!

4.フェイスパウダー

最後にフェイスパウダーで仕上げます。

使うフェイスパウダーにもよりますが、余分につけすぎない様にパウダーブラシを使うことをおすすめします。

マスクをする場合はテカりやすい部分とマスクに接する部分に少し多めに重ね付けしましょう!

5.ポイントメイク

アイメイクやハイライトなどポイントメイクをする場合は、最後にポイントメイクをして終了です。

以上がノーファンデメイクの流れです。

また、どうしてもテカリや崩れが気になる場合は最後にフィックスミストで仕上げましょう!

おすすめのスキンケアアイテム

ノーファンデメイクと合わせて使うのにおすすめなスキンケアアイテム。

マスカラなどポイントメイク以外に強い成分のアイテムを使う必要がないので、刺激が少なく、肌に優しいスキンケアアイテムをご紹介します。

クレンジング

無印用品 マイルドジェルクレンジング

なめらかなジェルが肌に摩擦を与えず、しっとりとクレンジングが出来ます。

ジェル自体がメイクを落としている最中に乾かないので使用感も良いです。

BIODERMA (各肌向けバリエーションあり)

クレンジングだけでなく、様々な用途に使えるビオデルマ。

サラサラとしたオイルで、余計なものは入っていないのにスルスルメイクが落ちます。

敏感肌向けなど、バリエーションもあるので誰でも自分に合うオイルが見つかるはず。

洗顔

FANCL ディープクリア洗顔パウダー

酵素入りの洗顔パウダーは他にもいくつか試しましたが、個人的にはFANCLが一番即効性があるかなと思います。

洗浄力が強いので、肌荒れがひどい場合は4日に1度くらいでいいかも知れません。

肌トラブルがない状態の方は、2日に1回または毎日でも大丈夫です。

ルナソル スムージングジェルウォッシュ

ジェルで摩擦をかけずに洗顔できるジェルウォッシュ。

しっかりと毛穴の汚れを落としてくれるので、徐々に毛穴が目立たなくなってきます。

化粧水

イプサ ザ・タイムRアクア

肌にぐんぐん吸い込まれていくザ・タイムRアクア。

肌に潤いが欲しいならこれが一番、水分で肌がチャぷちゃぷになります。

使い続けると油分と水分のバランスが徐々に整ってくるので、結果的にトラブルが減ってくると思います。

ミノン モイストチャージローション(各肌タイプバリエーションあり)

各肌タイプ向けに化粧水、乳液などラインでそろっています。

特に乾燥肌・敏感肌向けのグリーンのボトルシリーズが低刺激でしっとりするのでおススメです。

 

 

ETVOS モイスチャライジング ローション

無添加でしっかり潤います。

油分と水分のバランスを整えながら、肌荒れ予防効果もあるので試してほしい化粧水の一つ。

その他スキンケア

ソンバーユ

最近では馬油洗顔などで話題になりましたが、導入液としてつかうのもおすすめです。

特にさらっとしたとろみのないタイプの化粧水と相性が良く、保水力が全然変わります。

アンブリオリス クリーム

スキンケア後のフェイスクリームにも、ボディクリーム、化粧下地にも使える万能クリーム。

べたつかずサラサラなのにしっかり潤いを閉じ込めます。

ミノン アミノモイストぷるぷるしっとり肌マスク(各肌タイプバリエーションあり)

先ほども紹介した、ミノンのライン同様に肌タイプに合わせてバリエーションがあるパックです。

濃厚な乳液がたっぷり入っているので、ちょっとスキンケアが億劫な日にも取り合えずこれだけ使えば安心です。

おすすめの化粧下地

肌に優しい下地や崩れにくい下地を使いましょうと説明しましたが、何を選んだら良いのか分からないという方へ、おすすめの下地のご紹介です。

ラ ロッシュ ポゼ UVイデアXLプロテクショントーンアップ

オールシーズン使えて販売店も多いので活躍率の高い下地。

ナチュラグラッセ スキンバランシングベース

肌の油分と水分のバランスが乱れずらく高保湿なので乾燥が気になる時におすすめの下地。

おすすめのフェイスパウダー

イニスフリー ノーセバムミネラルパウダー

プチプラでありながら崩れ知らずで肌にも優しい万能パウダー。

エレガンス ラ プードルオートニュアンス01

毛穴のカバー力が高く崩れずらいパウダー

以上、ノーファンデメイク方法とおすすめの下地とフェイスパウダーのご紹介でした!

ノーファンデメイクにチャレンジするきっかけになれたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました