【大根梅流し】めちゃくちゃ出る!断食なしデトックススープの作り方

Life



「大根梅流し」って知ってますか?

材料は昆布と大根と梅干だけ、なのにめちゃくちゃ出るデトックススープ

本来のやり方では前日に断食をして、スープを飲んで、さらにしばらく断食。

と、大変時間も体力もかかりますが私は断食せずに成功!

断食せずに1日で腸スッキリしたした大根梅流しの方法をご紹介します!

大根梅流しとは

まずは、大根梅流しって何なの?という方へ、簡単にご説明します。

大根梅流しとは、断食後に大根と梅干を煮たスープを飲む。

すると数時間後、スルスルとドバドバと出ていき腸がとってもスッキリするというもの。

便秘でお腹が張ってつらい、便秘薬が効かない、薬だとお腹が痛くなる、などのお悩みがある方は是非一度試していただきたいです。

それはもうびっくりします!

私の様に体験談や効果絶大!!という報告がありながらも、専門家の方などしっかりと確証のある情報を見つけるのが難しく、判断や結果は自己責任と必ず注意喚起があります。

とは言え私も、様々なネットの情報などで調べて実践した一人。

もちろん体調が万全ではない方はやるべきではないですし、少しでも不安要因がある方はやめておくのが無難です。

私の様に体調万全!持病なし!自己責任!という方のみ実践してくださいね。

効果

続いて、大根梅流しの気になる効果についてです。

あくまでも諸説ありですが一般的に知られている効果は

・腸内に溜まった便を流す

・宿便を流す

・腸内環境をリセットする

などです、実際にこのような体験をしましたが、腸内環境をリセットするには注意点があります

あまりにもスッキリとすべて出し切ってしまうので、腸内の悪玉菌だけでなく善玉菌も一緒に流れて行ってしまうそうです。

そのため実践後の過ごし方や食事にも注意が必要で、腸内が悪玉菌か優位にならない様、食べるものには気にかけましょう。

短期間に繰り返しやるのも、良くないとされています。

そのことについては後にご紹介します。

誰でもやっていいの?

大根梅流しは誰でもやって良いのか。

これに関しては先ほど例に挙げた、体調が万全ではない方はもちろんだめですが、妊娠中の方もやってはいけないとされています。

体調が万全ではない方、過去に消化器系の病気や手術をした方、妊娠中の方などはやめておきましょう。

正式なレシピと方法

大根梅流しにはコレという正式なレシピや方法が決まっているものではないそうです。

なので、ここでは一般的に多くの方が実践している方法をご紹介します。

材料&作り方

材料➩大根1本・梅干し3個・昆布7g

作り方

1、鍋にたっぷりの水と昆布を入れ浸します。

2、1に皮ごと1センチ幅の輪切り大根をすべて入れ煮ます。

3、大根と昆布が柔らかくなったら細かくした梅干を鍋にいれます。

4、混ぜて味がなじんだら完成です。

流れ

前日・夕食は暴飲暴食しない ・しっかりと眠り、翌日の体調を整える
1日目 (断食日)・朝食・昼食・夕食は摂らない ・水は好きなだけ飲む ・固形の食べ物はもちろん、お茶やコーヒーも飲まない
2日目 (梅流し日)・大根を水で煮て、梅干を入れたものを作る ・煮汁をたっぷりと飲み、それから大根を食べる、を繰り返す ・便が出るまで行う ・次の食事からは消化吸収のよいものを食べる
3日目以降・1週間ほどは消化吸収のよいもの、腸に負担のかからないものを食べる
引用元:https://kawashima-ya.jp/contents/?p=20266

このように、どの情報を見てもすべての工程で3日ほどかかります

この方法が広く知れ渡っていて大根梅流しの一般的な方法といっても良いかと思います。

次にご紹介する私が実践した方法もこちらをベースとしていますので、ご参考にご覧ください。

ダイエットグッズと自宅にいながら食事管理ができる食事宅配の記事はコチラ

私が実践したレシピと方法

基本的な大根梅流しの方法が知れたところで、お次はいよいよ私が実践したレシピと方法のご紹介です。

といっても、そこまで大きな違いはなく、全体的に気軽に実践できるようにしたものなので、気になる方は是非ご覧ください!

材料&作り方

材料➩大根2/3本・梅干し(無添加)・昆布7g

作り方

1、大根を1㎝幅の輪切りにする。(皮が苦手な場合は皮を薄く剥いてとっておく)

2、輪切り大根がすべて入る鍋に、大根と昆布水をたっぷりと入れ煮る。(皮も入れる)

3、2を柔らかくなるまで煮たら火を止め、梅干をそのまま入れます。

4、鍋の中で梅干をしっかりつぶして完成。

ポイント

・出来るだけ食べたほうが効果が高いですが、皮が苦手な方は一緒に煮るだけで食べなくても大丈夫です。その分しっかり煮出しましょう。

・量がとても多いので全部食べられるか自信がない方は、具よりもスープを優先して食べてください。もちろん食べられる方は具もスープも食べられるだけ食べてください。

梅干はあまり火にかけ過ぎず、丸ごと入れて種からも成分を出したほうが効果が高いです。

・足りないと感じた場合は具や水を継ぎ足して、更に飲んでも大丈夫です。

流れ(レポート)

前日・夜は食べない、または19時までに済ませる。
・暴飲暴食はしない、お酒、コーヒーなどは避ける。
・水をたくさん飲む。
1日目・先ほどのレシピで作る。
・スープをたっぷり飲み、大根を食べる。
・便が出るまで繰り返し飲む。・次から消化に良いものを食べる。
2日目・・消化に良いもの、胃に負担がかからないものを食べる。

通常の方法と大きく違う点は、特に暴飲暴食をしなければ断食をしていないところです。

前日の夕飯を食べない、または早く済ませることで、寝ている間と梅流しをするまでの約12時間~19時間ほどは何も食べていない状態

そのため断食ほどではないですが、胃腸を休ませることが出来ます

ポイント

・私の場合は全部飲み終えて、1時間後から出るようになりましたが、なかなか出ない場合はスープの濃度を濃くしたり、さらに追加で飲んでみてください

・最初に出始めてから数回に分けてだんだんと固形から液状に、最終的にほぼ水になるので、休日に時間をかけられる状態で挑戦する事をおすすめします。

大根梅流しはその後が大事です、腸の中が空になるので善玉菌が優位になるように、そして消化に良いものを食べるようにしましょう。

善玉菌が優位になる食べ物

・野菜やフルーツなど食物繊維が豊富な食べ物

・ヨーグルト、味噌、納豆など発酵食品

オリゴ糖や乳酸菌などの補助ドリンクやサプリ

・その他、消化がしやすいもの

避けたほうが良い食べ物は加工食品に含まれる保存料、肉類です。

まとめ

以上、が大根梅流しの作り方とその方法でした!

一般的な方法は断食や時間がかかりますが、効果は高いはずです。

ですが、断食をするのはハードルが高い、時間をかけられないという方は、私の実践した方法を是非お試しください。

個人差はあるかと思いますが、しっかり効果はあったので試す価値はあると思います!

実践する際は水分をしっかりとって、体調に気を付けてくださいね。

ダイエットグッズと自宅にいながら食事管理ができる食事宅配の記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました