【2020年秋冬】最新トレンド、ヘアスタイル・ヘアカラー紹介!

Beauty



今回は2020年秋冬のヘアスタイル、ヘアカラー、ヘアアレンジをまとめてご紹介!

人気継続のヘアアクセサリーとのおすすめの合わせ方や、この秋冬におすすめのヘアアレンジのポイントもご紹介します。

トレンドのヘアスタイルは?

2020年秋冬のヘアスタイルは全体的に90年代風の雰囲気がトレンドのようです。

切りっぱなしヘアの程よいラフさ、ウェットな質感のタイトヘア、ボリューミーなエアリーヘアが今っぽい。

具体的にご紹介するので、自分の得意なスタイルや普段のファッションと相性の良いヘアスタイルを見つけてください!

ショートボブ

出典:https://tinyurl.com/y4dbywqh

まずおそらく日本では大本命であろうショートボブスタイル。

出典:https://tinyurl.com/y52pmbu9

毛先のそろったスタイルにする場合は重くなりがちなので、ほんのりとレイヤーを入れ動きを出しやすくするのもおすすめです。

出典:https://tinyurl.com/yy8jcf7a

前髪はこの後ご紹介するほんのり前髪にすると、よりエアリーで飾り気のない雰囲気に。

モダンボブ

出典:https://tinyurl.com/y4dropzp

顎の下~肩につかない程度の長さのモダンボブもショートボブと同じくらいトレンド感のあるスタイル。

出典:https://tinyurl.com/y67caxu7

むしろ海外ではこちらのほうが人気が高いかも知れません、ショートボブほどは短くしたくない方にもおすすめです。

出典:https://tinyurl.com/y68tftb6

程よい長さでタイトにもエアリーにも応用がききやすい便利さもあります。

ほんのり前髪

出典:https://tinyurl.com/y5nw7qnk

あまりはっきりと前髪があるスタイルが得意じゃない方にもおすすめなほんのり前髪

出典:https://tinyurl.com/y3on779v

ワンレンでもなく、わざわざ前髪を作るのでもなく、短い毛がチラッと覗くようなスタイルが、程よいラフさとエアリー感をプラスして今っぽい。

ストレートバング

出典:https://tinyurl.com/y6zv2kah

ここ数年シースルーバンクが前髪ありスタイルでは長くトレンド入りしていましたが、それも今は古いかも?

この秋冬シーズンはシースルーやふわっと巻いた軽い前髪よりも、程よい重みのあるストレートバングがトレンドです。

出典;https://tinyurl.com/yyh7ctt9

ふんわりと巻くスタイルよりも、そのままストンと落としたような毛先のそろったぱっつん前髪が今っぽい。

出典:https://tinyurl.com/yydh5xpb

髪の毛との割合が5割~7割ほど額が出ていたシースルー前髪に比べ、今季は2割~1割ほどちらっと額がのぞく巻かない短め前髪がおすすめです。

トレンドのヘアカラーは?

続いて2020年秋冬トレンドのヘアカラーのご紹介です。

春夏は透明感のあるカラーが人気でしたが、今季はソフトマットな質感に見える深みのあるカラーがトレンドとなるようです。

ベイクドカラー

出典:https://tinyurl.com/y6zbzspu

深いオレンジや、くすみのあるローズブラウンなどの深みがありくすみの強いベイクドカラー

出典:https://tinyurl.com/y5udmplk

暖色系がよりベイクド感、秋冬に合う温かみを感じますが、グレージュ、ブルージュなどの寒色系でもくすみのあるカラーは人気継続のようです。

くすみ・ソフトマット質感・深い色味、を選ぶのがポイントですね。

ニュアンスパープル

出典:https://tinyurl.com/y4ur3tkn

深いオレンジと同じくらい注目なのがニュアンスパープル

明らかなパープルではなく、ほんのりとグレージュやブラウンの中にパープルを感じる、光に当たると少し色味を感じる程度のパープルがとてもお洒落。

出典:https://tinyurl.com/y6m2rv97

こちらも透明感、ツヤ感のあるカラーよりも、深みのあるくすみカラーに忍ばせるとよりトレンド感が出ます。

ピーチピンク

出典:https://tinyurl.com/yylcy9uu

ニュアンスカラーよりもしっかりと色味を感じるカラーがしたい方におすすめなピーチピンク

発色の良いピンクでありながらほんのりとオレンジを感じる色ピーチカラーです。

出典:https://i.pinimg.com/originals/76/95/d8/7695d8818a1c2a307a2f5db3bcb848a5.jpg

くすみのあるカラーにすることで質感もソフトマットになり、本物の桃の様なトレンドカラーになります。

おすすめの市販ヘアカラー剤はこちら

ポイントカラー

出典:https://tinyurl.com/y2mcxj3e

ポイントカラーはこれまでも人気ではありましたが、今季よりトレンド感があるのは、顔周りの生え際の髪を薄くとってカラーを入れるポイントカラー

出典:https://tinyurl.com/y376wtbg

挑戦しやすいのは、ベースのカラーにニュアンスで入っている色をポイントとして入れると馴染みが良いです。

例えば、ブラウンにオレンジのポイント、ブルージュにブルーのポイントなどです。

またファッション感度の高い方におすすめなのはホワイトブロンドやネオンカラーです。

ランウェイでも度々、鮮やかなネオンカラーが束で数色入ったヘアカラーが見受けられました。

エクステなどで数色入れるのもありですね。

トレンドのヘアアレンジ

続いて2020年秋冬トレンドのヘアアレンジのご紹介です。

今季のアレンジのポイントは、リラックス・エアリー・タイト。

エアリーとタイトという真逆のスタイルがあるので、ファッションやメイクに合わせたアレンジが楽しめますね!

くびれヘア

出典:https://tinyurl.com/y67zb8j3

あごの辺りでぐっと内側に入り大きなS字カーブを描く、くびれヘア

カットでレイヤーを入れたり、ネオウルフヘアではもちろん。

モダンボブなども、顔周りの髪を太めのコテで縦に外巻きにすることで出来る、簡単でおしゃれなアレンジ。

リラックスウェーブ

出典:https://tinyurl.com/yy8cbeo2

名前の通り、リラックス感のある自然体な印象の緩いウェーブヘア

しっかりと巻いたアレンジやゆる巻きヘアとも違う、自身の髪の癖をそのまま、の様なラフなアレンジが抜け感があって今っぽい

ただのセットしていないボサボサ頭にならない様に注意してください!

オールバック

出典:https://tinyurl.com/y22km9op

こちらはラッフィーヘアとは対照的なタイトなオールバック

ジェルやオイルなどでウェットな質感のオールバックにするのがポイントです。

出典:https://tinyurl.com/y28jzuxr

ただオイリーすぎたり、ペタッとした髪にならないよう注意しましょう!タイトながらも程よく空気を含まると今っぽく。

タイトポニー

出典:https://tinyurl.com/yxew5vuo

ローポニーはこれまで長く注目を集めていましたが、今季はよりきっちりとしたタイトポニーがトレンド。

これまでは顔周りや毛束もふんわりと巻いて、緩く引き出すポニーテールが人気でしたが、今季はタイトなポニーがおすすめです。

ロープツイスト

出典:https://tinyurl.com/yyp4cndq

先ほどのタイトポニーにひと手間加えたいのが、ロープツイスト

髪のふんわり感を一切排除したタイトなアレンジで、ローポニーや中間ポニー、ハイポニーにも合います。

顔周りやポニーテールなど今期はねじりヘアーがヘアアレンジのカギとなるようです。

トレンドのヘアアクセサリーは?

最後に2020年秋冬トレンドのヘアアクセサリーのご紹介です。

今季はヘアアクセサリー自体がトレンドなので、同じく顔周りのピアスなどよりもヘアアクセサリーにボリュームを持ってくると今っぽくなります。

ボリュームのあるものが苦手な方は、小ぶりでも存在感のあるものを取り入れると一気にトレンド感が増します。

ボリュームカチューシャ

出典:https://tinyurl.com/y5nzveve

今季大本命のボリュームカチューシャ

これまでもカチューシャは細身のものや、うねうねカーブのデザインがトレンドでしたが、今季は冬素材のものやボリューミーなデザインのカチューシャがトレンドです。

オーバーサイズリボン

出典:https://tinyurl.com/y3nssoo6

こちらもボリューミーがトレンド、オーバーサイズリボン

これまでの革紐や細いベロアリボンなどとは違い、存在感の強いリボンを思い切って使うのがポイントです。

パール

出典:https://tinyurl.com/y4al673l

さりげないアクセントにおすすめなのがパールアイテム

パールアイテムは今季のファッショントレンドとも相性が良く、合わせやすいアイテムなので活躍間違いなしです!

ヘアバンド

出典:https://tinyurl.com/y59gcdnq

数年ぶりにトレンド入りしたヘアバンド

シンプルなブラックのヘアバンドや、大きなリボンがついたものなどがおすすめです。

ファッションとの合わせ方にもよりますが、ブラックのヘアバンドがダントツ今っぽい。

ヘッドスカーフ

出典:https://tinyurl.com/y6lr6jfa

少し上級者向けなヘッドスカーフ

幾何学柄などモダンなものからレトロな絵柄など、一見難しそうですが、シンプルなコーデのワンポイントにもおすすめです。

いきなりたくさんの面積を使うは気が引ける方は折りたたんでヘアバンドの様に使うのもありです。

まとめ

いかがでしたか?今回は2020年秋冬トレンドのヘアスタイル・ヘアカラー・ヘアアレンジ、そして同じくトレンドのヘアアクセサリーについてご紹介しました。

他の記事ではトレンドのファッションや、メイクについてもご紹介しているので是非ご覧ください。

おすすめの市販ヘアカラー剤ランキングはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました