大人気【メッシュアイテープ】のタイプ別使い方、メイクの順番をご紹介!

Beauty



インフルエンサーやYouTuberの紹介によりバズったメッシュアイテープ

Amazonの売れ筋ランキングでも常に上位にランクインしています。

「プチプラで量が多く、コスパが良いのに超強力!」「今までのアイテープでは持ち上がらなかった重たい瞼が持ち上がる!」という口コミもよく目にします。

ですが、いざ買うとなるとメッシュアイテープの種類が多くて何が自分に合うタイプなのか分からない。

メッシュアイテープを着けるタイミング、メイクの順番がわからないという方も多いようです。

そこで今回はメッシュアイテープは何タイプを選んだらいいのか、おすすめのメイクの順番についてご紹介します!

目次

メッシュアイテープの種類

話題になっているメッシュ二重アイテープテープは主に、シートタイプとロールタイプがあります。

そしておすすめなのは専用のケースがついて取り出しやすいロールタイプ。

とはいえアイテープ自体の機能や種類は同じなので収納のしやすさの違いです。

メッシュアイテープ自体の種類は主に、極細型・半月型太め・楕円型があります。

上から順に極細型・半月型太め・楕円型

アイテープの形はこの3つが主ですが、テープの枚数や付属品の有無など違いがありますので、ご購入の際は詳細を確認することをおすすめします。

まぶたタイプ別メッシュアイテープの選び方

次はまぶたタイプ別、メッシュアイテープの選び方についてです!

先ほどの極細型・半月型太め・楕円型に分けてご紹介します。

極細型二重幅を広げたい方、まぶたが薄い方、二重線が薄い方におすすめ。

・半月型太め➩奥二重の方など、幅を広げたい方におすすめ。

・楕円型➩しっかりと幅広い二重にしたい方や、まぶたが分厚い方におすすめ。

一概にすべての方に当てはまるわけではないのでご参考程度にお願いします。

実は楕円型が一番お得?!

ここで補足として、楕円型が一番お得説。

商品によりますが同じ値段、枚数で楕円型の中心に切れ目がある商品があります。

私は実際に奥二重で楕円型を購入したことがあり、楕円型のアイテープを半月型に切り取り使用しています。(ハサミを使わずにそのまま半月形に切れます。

ですが、売り切れや販売ショップにより、商品ページを見つけられたり見つけられなかったりするので、見つけたらラッキーかもしれませんね!

メッシュアイテープの使い方

続いてメッシュアイテープの使い方についてです。

使い方は簡単!付属のピンセットでメッシュアイテープをはがし、付属のスプレーボトルに入れた水を吹きかけまぶたに乗せるだけ

ポイントは、メッシュアイテープのメッシュの穴に、表面張力で水の幕が張るくらいよく濡らすこと。

テープ全体を濡らすことでしっかりと貼り付けられます。

張り終えた後はしっかり乾かしましょう

そしてメッシュアイテープは強力なのにOFFは簡単

テープの端からそっとはがすだけなのでリムーバーはいりません。(場合によってあまりにも粘着が強い際はリムーバーやオイルでなじませて剥がしましょう)

付属のスプレーボトルはコンパクトなので、出先でメイク直しをしたいときや旅行にも負担なく持ち歩けて便利です。

メッシュアイテープを使うメイクの順番

最後にメイクでメッシュアイテープを使うタイミングについて。

メッシュアイテープは普通のアイテープに比べてつるっとした素材感ではなく、メッシュで隙間ができてほとんど地肌なのでテカりずらいです。

そのため、メッシュアイテープを着けた後にアイシャドウを使ってもあまり目立たないのですが、より目立たない方法はアイメイクをした後にメッシュアイテープを張ること!

しっかり濡らして使えば綺麗にアイメイクと馴染み、剥がれやすいこともないのでアイメイクの後に使うのがおすすめです。(もちろんその上にラメなどを乗せても悪浮きしないので問題ありません。)

以上、大人気アイテープ「メッシュアイテープ」のまぶたタイプ別おすすめの形と、使い方のご紹介でした。

しっかり濡らして、しっかり乾かす、これだけで綺麗な二重を作れるメッシュアイテープ。

二重メイクのご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました